カロバイプラスを飲み過ぎると副作用が?

 

カロバイプラスの飲み過ぎで副作用は
起こるのでしょうか?

 

結論としては
「カロバイプラスの飲み過ぎで
副作用が起こる可能性があります」

 

カロバイプラスは
ダイエットサプリメントで薬では
ありません。

 

しかし、まれに
「副作用でカロバイプラスを飲むのを
やめた」
という口コミをみます。

 

ということで
カロバイプラスの副作用について
全成分を検証してみました。

 

 

【カロバイプラスの成分】

 

【1】緑茶カテキン
【2】桑の葉
【3】白インゲン豆抽出物
【4】烏龍茶エキス
【5】ウコンエキス末
【6】セレン含有酵母
【7】キトサン
【8】BCAA粉末
【9】デキストリン
【10】ビタミンB1
【11】ビタミンB2
【12】ビタミンB6
【13】ビタミンC
【14】ビタミンD
【15】亜鉛

 

これらの成分は
・体脂肪を抑える
・糖質の吸収をゆるやかにする
・便秘改善
・基礎代謝をあげる
といったダイエット効果

 

・アンチエイジング効果
・生活習慣病の予防
・疲労回復
などのダイエットサポート効果が
あります。

 

しかし、カロバイプラスを飲み過ぎると
【6】セレン含有酵母の副作用として
・胃腸障害
・嘔吐
・腹痛
・下痢
・疲労感

 

【7】キトサンの副作用として
・下痢や腹痛
・便秘
などが起こる可能性があるので注意して
くださいね。

 

 

カロバイプラスの推奨期間は
4ヶ月。
短期間で劇的な効果を期待して
飲み過ぎると危険な副作用が…

 

リバウンド知らずのダイエットで
健康的に楽しくスタイルアップして
いきましょう♪

 

カロバイプラスの最新情報は
WEB限定初回980円キャンペーン中の
公式サイトをチェックしてくださいね。

 

公式サイトはこちらから
↓↓↓↓
CALOBYE+


カロバイプラスを飲む時間はいつが効果的?

 

カロバイプラスを飲む時間に決まりは
あるのでしょうか?

 

カロバイプラスには時間の指定は
ありませんが、好きな時間に飲む
といった気まぐれな使い方では
痩せないのも事実です。

 

 

サプリは飲む時間を決めておくのが
続けるコツです。

 

飲み忘れや副作用防止、サプリの効果も
飲む時間に左右される場合も
ありますからね。

 

カロバイプラスには
・代謝アップ
・中性脂肪にアプローチ
・脂肪吸収をおさえる
といった3つの効果があります。

 

このような効果を最大限に引き出せる
時間は?

 

 

【1】食事する前の時間

 

代謝アップ効果以外の
脂肪吸収にしても中性脂肪にしても
食事をとることで影響がでるもの
ばかり。

 

したがってカロバイプラスを飲む時間は
食事の前が正解です。

 

 

【2】起床時間

 

代謝のサイクルは
「朝は低く、昼にピークを迎え
就寝時に向かって下がっていく」
というものです。

 

代謝アップ効果が期待できる
カロバイプラスを飲むなら起床時間が
おすすめ。

 

朝から代謝をあげることで日中の
消費カロリーが増えますからね。

 

 

 

ということでカロバイプラスで
いち早く痩せるには
「起床時間に推奨量の6錠を飲む」
のが理想的です。

 

ただ、これはあくまでも理想的な飲み方
です。

 

カロバイプラスでダイエットするコツは
なんと言っても
「飲み忘れずに続けること」

 

カロバイプラスに慣れるまでは
・3食まえに2錠ずつ飲む
・朝晩2回に分けて飲む
など自分に合う飲み方を
試してみましょう。

 

カロバイプラスの詳細に関しては
「初回980円キャンペーン」に
エントリーできる公式サイトで
ご確認してくださいね。

 

公式サイトはこちらから
↓↓↓↓
CALOBYE+